ライブブラックジャック:

ライブブラックジャックはおそらく最も人気のあるカジノゲームです。ルールは簡単ですが、「完璧なライブブラックジャック」をプレイして賭けてみたいなら、学ぶべきことがあります。ワンダリーノでは、ライブブラックジャックは以前よりもとても簡単になっています。ライブブラックジャックのプレイ方法をすでに知っているなら、ワンダリーノのアカウントにログインして、テーブルに向かいましょう。今プレイ方法について学んでいるなら、この説明ですべてを知ることができます。もちろん、ライブブラックジャックのロビーで、特定のゲームのルールを読むこともができます。ライブブラックジャックは楽しく、スリルがあり、冒険心を感じることができ、アクセスしやすく、まるでワンダリーノのそのもののようです。

インターネット、パブ、施設型カジノで、現在見ることができるとても人気のあるカードゲームのひとつが、ブラックジャックです。このカードゲームは21と呼ばれることもあり、ポーカーの唯一の好敵手になっています。このゲームの愛好家が非常に多くいる理由は、このゲームが、プレイヤーがカジノに対してオッズを改善できるカジノゲームのひとつだからです。カジノのアドバンテージは最小で1%になります。ブラックジャックをたくさんプレイして、ブラックジャックについて多く知れば知るほど、プレイするときのオッズを改善できるようになります。

他の多くのカジノゲームのように、ブラックジャックは伝統的なゲームで、18世紀のフランスのゲームにそのルーツがあります。そのゲームはヴァンテ・アンと呼ばれ、直訳すると21という意味です。そのゲームは19世紀にフランスからの移民がニューオーリンズに到達したときに、米国に来たと考えられています。ブラックジャックという名前は、このゲームが1930年代初期の大恐慌時代の後に、ゲームが最初に合法化されたネバダ州に導入されたときに付けられました。テーブルに数多くのプレイヤーが引きつけられ、そのため特別なルールを追加しました。それが、名前の由来となりました。つまり、プレイヤーがスペードのエースと、スペードのジャックまたはクローバーのジャックを含む勝利ハンドを得た場合、通常の賞金の10倍を受け取りました。ブラックジャケット、つまりブラックジャックには、この特別ルールはもう存在しませんが、現在よく知られた人気のあるゲームになっています。

カードのカウンティング

プレイヤーがブラックジャックのカードをカウンティングして、カジノを破って勝ったという話をおそらく聞いたことがあるでしょう。多くの映画で、このような例を見ることができますが、実際にはどうやって起こったのでしょうか?使用する戦略をどのようにして見つけたのでしょうか?カジノで禁止されていたにも関わらず、どうやって発生したのでしょうか?すべては、1962年に出版された「ディーラーをやっつけろ!」という本から始まりました。その本の著者、エドワード・ソープ教授は、本の中でブラックジャックのカードをカウンティングする複数の方法を説明しました。カードをカウンティングすることが得意であれば、カジノに勝つことができることがすぐに知れ渡りました。もちろん、すべてのカジノオーナーはその本の大きな影響を認識したときに、注目しました。その結果、多くのカジノはカードカウンティングを防止するために、ブラックジャックのルールを変更しようとしました。そのようなルールの多くはプレイヤーからの大きな抗議を受けた後に、無くなりましたが、最も重要なもののひとつは生き残りました。ゲームで複数のカードデッキや自動カードシャッフラーを使い始めたのでした。つまり、現在のゲームに使用されていないすべてのカードは常にシャッフルされているため、数学の天才や補助なしでなければ、カードを数えることはほぼ不可能になりました。オンラインでプレイするときは、複数のカードデッキと自動シャッフラーでプレイする場合と同じになります。ゲームはランダムなの、オンラインでカードのカウンティングは意味のないことです。しかし、ブラックジャックはそれでもプレイヤーとして最高のオッズを誇ります。

ブラックジャックの禁止

19世紀後半にブラックジャックにとって冬の時代が到来しました。他の多くのカジノゲームのように、ブラックジャックは禁止されました。このようなゲームは米国で発生した多くの犯罪や問題の一因となるとみなされ、合法的にブラックジャックをプレイすることはできなくなりました。

カードゲームはグループ全員や個人でもできる楽しいソーシャルゲームです。面白いゲームを楽しむのに必要なものは、トランプだけです。一番最初のカードゲームは、中央アジアで1100年代に発祥したと言われています。たとえば、中国人は木や象牙製のドミノを紙製のドミノに交換したがっていました。つまり、カードデッキをシャッフルして分けることが簡単にできます。

一番最初のトランプは、手書きで非常に高価でした。誰も購入することができませんでした。またその形状は丸く、現在のトランプの形になったのは、印刷が発明された16世紀でした。1370年代に、トランプはついにヨーロッパに渡り、その後に多くのことが起こりました。ポーカーやブラックジャックのようなエキサイティングなゲームが人々を魅了し、多くのプレイヤーに長年にわたり興味を持たれています。その他の多くのカジノゲームと同様に、ブラックジャックが誰によって、またはどのように発明されたかについて意見が分かれています。最も有力な説のひとつは、ブラックジャックは18世紀半ばのフランスの、ヴァンテアン(フランス語で21という意味)という名前のゲームが起源だと言われています。私たちが知っているブラックジャックは、1910年代まで米国に現れませんでした。
ブラックジャックはとても単純で、知っておくべき最も重要なことは、21を超えないようにして、ディーラーよりは高いポイントで、できるだけ21に近づけることです。ブラックジャックのすべての絵札は10ポイントで、エースは11または1になります。最初のカードで21になると、これはブラックジャックと呼ばれます。ブラックジャックでハウスルールを設定するのはカジノ次第です。今日、ブラックジャックには100種類以上のバリエーションが存在します。しかし、最も重要なルールは同じです。21を得るか、21にできるだけ近づけることです。ディーラーが21になる前に、21にすることができるか、この面白いカジノゲームを試してみてください。運は必要ないかもしれませんが、幸運がありますように!

カジノに行ったことがない、またはオンラインカジノをプレイしたことがない人が知っているカジノゲームは、ライブブラックジャック以外にほとんど存在しないでしょう。ルールやプレイ方法はみんなが知らないかもしれませんが、ライブブラックジャックの名前は世界中で知られています。多くの国では、ライブブラックジャックをプレイするために本物のカジノに行く必要はありません。多くのナイトクラブやバーでもできます。

ライブブラックジャックはどのようにプレイしますか?どのようなルールですか?

一般的なライブブラックジャックのルール:

すべての絵札は10ポイントと数えられます
エースは1または11ポイントと数えられます
プレイヤーのハンドが21を超えることなくクルーピエ/ディーラーよりも高い場合、プレイヤーが勝ちます。ベストハンドはエースと10ポイントのカードです(合計で21ポイント)。このハンドはブラックジャックと呼ばれます。ディーラーとプレイヤーの両方がブラックジャックの場合は、ドロー/タイ(引き分け)になります。
バーストしたハンド = 21ポイントを超えた場合、負けになり、ゲームは終了します。
ディーラーとプレイヤーの両方が17、18、19、20または21を持っていた場合、スプリットになります。
プレイヤーがブラックジャックを持って、ディーラーが21(エースと10ポイントカード以外)を持っていた場合、プレイヤーはブラックジャックで勝ちになります。

用語集:

ベット
サークルにチップをベットとして置きます。

ディール
サークル/ベットエリアに置かれたベットでブラックジャックのハンドをプレイします。

ヒット
カードをリクエストします。

スタンド
これ以上カードを受け取りません。

スプリット
プレイヤーは元のベットと同じ額をさらに賭けて、最初の2枚のカードを2つの別々のハンドに分けます。カードは同じポイントでなければなりません(例: 8のペアまたはキングとクイーンなど)。スプリットハンドでは、エースと10ポイントカードは「21」で、ブラックジャックではありません。つまり、3対2で支払われませんが、バンクの20ポイント以下のハンドに勝ちます。さらに、エースをスプリットした後に、プレイヤーはエースごとに1枚だけカードを引きます。

ダブルダウン
プレイヤーの最初の2枚のカードが7、8、9、10または 11の場合、元のベットを2倍にできます。ダブルした後に、プレイヤーは1枚だけカードを受け取ります。その後、ディーラーはハンドを通常通りプレイします。

インシュランス
バンクのオープンカードがエースのときに、すべてのプレイヤーはインシュランス(プレイを継続する前に、プレイヤーの元のベットの半額と同額)を購入する機会が与えられます。プレイヤーがバンクの裏向きのカードが10ポイントカードだと思ったら、インシュランスを購入できます。バンクがブラックジャックを持っていた場合、インシュランスは2対1を支払います。バンクがブラックジャックでなかった場合、インシュランスベットは失われ、ゲームは通常通り継続します。

ライブブラックジャックに関する本や映画:

1931年はライブブラックジャックにとって大きな転機でした。ラスベガスでは、ライブブラックジャックゲームを合法的に提供することができるようになりました。ブラックジャックがより普及するにしたがって、ライブブラックジャックについての本が多く出版され、勝率を増やすためにどのようにブラックジャックをプレイするべきかについて、さまざまな戦略が説明されました。50年代半ばに、ライブブラックジャックについての戦略本が出版されました。1956年に、カジノを相手にプレイする場合に最高のオッズを得る方法に関する初の統計本が出版されました。

ディーラーをやっつけろ!

「ディーラーをやっつけろ!」という本が出版された1962年に、大きな発展がありました。その本はすぐに大ヒットし、ニューヨークタイムズ誌のベストセラー本になりました。そのことがこの本の影響力を物語っています。数学的および統計的な思考において、それ以前に出版されたどの本よりも優れていました。その本は多くのカジノを大いに不安にさせましたが、内容が非常に難しかったため、多くの人は理解できな、または理解しようがないと思われていました。
短期間で、この本が起因となりブラックジャックのルールは変更されました。もちろん、ブラックジャックの愛好家からは歓迎されませんでした。しかし、最終的に、ライブブラックジャックは昔ながらのルールに戻りました。なぜなら、ほとんどの人は本の情報にアクセスできなかったからです。ライブブラックジャックは1960年から1980年の間で最も人気のあるカジノゲームでした。

ライブブラックジャックの勝者

1990年代に、人々がカジノに勝つシステムを考え出すという、数々の大きな出来事がありました。多くの場合、高度な技術的なソリューションとゲームに関する知識を組み合わせてカジノに勝つことを可能にしました。ライブブラックジャックテーブルで知識に基づいて、初の大きな勝利を収めた人物は、ケン・ユーストンでした。彼は特に、靴の中に隠れる小さなコンピューターを使用して、ゲームの統計部分について支援を得ました。ユーストン氏はこのシステムによって、ラスベガスだけで約30万ドル勝ったと言われています。

カジノで大金を獲得した人々の歴史の中で最も有名な例は、ボストンのマサチューセッツ工科大学のグループが、1990年代にラスベガスや米国のその他の場所に行ったことです。彼らは活動していた時期に、数百万ドル勝つことができました。その後、カジノは部屋の監視を厳しくし、現在は高度な装置や他のシステムを使用して、ブラックジャックをプレイするときに不正行為やカードのカウンティングを事実上不可能にしました。現在カジノルームが毎回カードを数回シャッフルするので、カードのカウンティングの値は削除され、したがってカジノ側のメリットになっています。MITの学生についての話は本「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」になり、その後、映画「ラスベガスをぶっつぶせ」にもなりました。その映画で、学生たちが簡単な数学から勉強を始めて、カードの数え方、チームとしての働き方について学び、そしてカジノに行って、ライブブラックジャックでお金を獲得するところを見ることができます。

ライブブラックジャックに関する他の映画のシーン:

ラストカジノ(2004)

この映画は、「ラスベガスをぶっつぶせ」のように、MITの学生がライブブラックジャックをプレイすることが取り上げられています。ラストカジノは、「ラスベガスをぶっつぶせ」とほぼ同じストーリーになっています。また、この映画のストーリーでは、MITの教授が多くの学生を集めて、カードの数え方を教えます。このカナダ映画は「ラスベガスをぶっつぶせ」ほど注目を集めませんでした。

ザ・ホット・シュー(2003)

これはライブブラックジャックに関するとても人気のあるドキュメンタリー映画です。この映画では、ライブブラックジャックについての主な著者と専門家にインタビューしています。カジノルームがカードカウンターを識別するために使用している方法について、詳細な情報を知ることができます。カジノマネージャー、弁護士、ブラックジャックプレイヤーとのインタビューがあります。ライブブラックジャックの全体像を把握するためのすべてのこと、そして、有名カジノで行われていることが網羅されています。特にライブブラックジャックに特化した、カジノの舞台裏で何が行われているかについての詳細を知りたい人にとって、非常に興味深い映画です。

クルーピエ(1998)

映画「クルーピエ」は、クルーピエ(ディーラー)としての人生についての映画です。カジノ業界のクルーピエの人生に起こることを取り上げています。主演は俳優クライヴ・オーウェンです。彼はロンドンのカジノで職を見つけて、そこで後に感情を抱くようになる女性プレイヤーに出会います。その女性は大金を必要としており、彼らは協力して彼女がカジノでプレイしているときに勝てるようにします。しかし、思い描いていたような展開にはならず…

レインマイン(1988)

この古典映画は4つのオスカーを獲得し、主役はダスティン・ホフマンとトム・クルーズでした。その映画でダスティン・ホフマンが演じる兄は自閉症で、兄弟の関係は少し複雑です。しかし、徐々に弟(トム・クルーズ)は兄が物事を記憶することに、特別な才能があることに気付きます。弟はラスベガスに行って、兄のカードを数える知識を利用してブラックジャックで稼ごうと思いつきます。

ジンクス(1982)

このコメディーはルーザービル(敗者の町)と呼ばれる架空の町を舞台にしています。映画は、ウィリーという名前のブラックジャックディーラーと、ラスベガスに一緒に住んでいる歌手についてのストーリーです。ウィリーは、何らかの理由でウィリーに決して負けない、ハロルドという名前のプレイヤーによって苦しめられます。映画の名前(ジンクス)は、ハロルドがウィリーに悪運をもたらすことから来ています。映画の中の有名人は女優ベット・ミドラーです。彼女は歌手を演じます。

オンラインで成長するライブブラックジャック

現在、ライブブラックジャックはオンラインで利用できるすべてのカジノにあります。すぐにプレイ可能で、数回押すだけで簡単に始められます。今でも最も人気のあるカジノゲームのひとつで、今後もそうあり続けるでしょう。ライブブラックジャックはもちろんワンダリーノでプレイできます。そして数々のテーブルから選べます。いくら賭けたいかに応じて、ロー、ミディアム、またはハイステークステーブルを選択できます。しかし、異なるバージョンのライブブラックジャックが存在します。シングルデッキのライブブラックジャックや複数デッキのライブブラックジャックなどがあります。ワンダリーノでリアルマネーでプレイせずに、ライブブラックジャックを試したい場合は、テーブルゲームで練習することができます。ログインする必要さえありません。ワンダリーノの多くのゲームのお試しモードは、ログインせずにプレイ可能です。そのゲームに移動して、クリックしてプレイするだけです。

ワンダリーノでプレイする前に、どこでライブブラックジャックのルールを学ぶことができますか?

検索フィールドをクリックして、ライブブラックジャックを入力し始めると、すべてのライブブラックジャックテーブルが表示されるセクションに移動します。好みのゲームをクリックして、「i」ボタンを探してください。そこで仕組みについて読むことができます。

ライブブラックジャックに関するいくつかの都市伝説を紹介します:

「1つのハンドよりも2つのハンドでプレイした方がよい」

なぜこの方がよいのかは、少し理解に苦しみます。ライブブラックジャックは数学のゲームです。ひとつより多くのハンドでプレイしても、結果には影響を及ぼしません。ひょっとしたら、完全に負けないことがよいのかもしれません。2つのハンドでプレイした場合、どちらか1つのハンドが勝つ確率が、かなりあります。しかし、それでオッズが変わることはいっさいありません。

「ライブブラックジャックは運次第のゲームです」

ライブブラックジャックでは知識と戦略で大きな差が生じると、数学的に証明されているにもかかわらず、このように言う人たちもいます。確かに運の要素もありますが、ポーカーのようにスキルを持つプレイヤーは、長期的にみてアマチュアよりもはるかによい結果を出します。そして、ポーカーと同様に、カードが望んでいるように現れてくれないときがあります。完璧なライブブラックジャックをプレイし続けましょう。そうすれば運が変わってくるでしょう。

「下手なプレイヤーは勝つ確率を悪くさせる」

多くの人が本当だと考えていますが、また別の変な都市伝説です。真実の尺度は、その中に見いだされることを認めなければなりません。ライブブラックジャックテーブルで他のプレイヤーが行った下手な判断を見ることは、集中することを妨げるかもしれませんが、その要な場合に集中すべきことは、他のことです。重要なことは、自分のハンドとディーラーのハンドです。仲間のプレイヤーは関係ありません。下手なプレイヤーは自分が受け取るはずだったよいカードを受け取るかもしれませんが、それは一定に均等になります。

それに加えて、ほぼ無限の作り話や迷信がギャンブルやライブブラックジャックには存在します。すべてに共通していることは、勝つことを難しくしていることです。これは都市伝説ではありません。真実です!